ハーネス(胴輪)の講習会します


 お客様からよく尋ねられるのが、「ハーネス(胴輪)」について。

  • どんなハーネスが良いの?
  • 首輪とどう使い分けたら良いの?
  • ハーネスを嫌がらせずに着けるにはどうしたら良いの?
  • ハーネスにはどんなリードを使ったら良いの?
  • そもそもハーネスを使う意味は?

 実際に会ってお話をしたり、犬にハーネスを装着させるところや装着状態などを見させてもらうと、飼い主さんが気がついていない改善した方が良い点がたくさん見つかります。
 もちろん、ハーネスに踏み出せずに未使用の方も多くいらっしゃいます。

 ハーネスは犬の身体ためにもおすすめしたい犬具ですが、使い方によってはよくない影響を与えてしまうこともあります。

 そこで、多くの飼い主さんに、様々な形状があるハーネスの選び方や正しい使い方を知っていただきたいと思い、ハーネスの基本的なことをお伝えするための講習会を開催させていただくことにしました。

 講習会の詳細やお申し込み方法などは以下に記します。なお、講習会には犬同伴できませんのでご了承ください。

日程 4月21日(日)14:00〜16:00

会場 メイトム宗像(福岡県宗像市久原180)駐車場あり(無料)
※ 会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

参加費 おひとり3,000円(当日払い)

申込 https://goo.gl/forms/oB16rAMyAnwaZCaU2

キャンセルポリシー キャンセルされる場合は、いかなる場合でもご連絡ください。4月14日までにご連絡いただいた場合はキャンセル料は発生しませんが、それ以降のキャンセルやご連絡無しの欠席は参加費の100%がキャンセル料として発生しますのでご了承ください。

連絡先 メール tabatamaki299@gmail.com
    電話  090−9723−1285

※ お席には限りがあります。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
※ ハーネスやその他の犬具等の販売は行いません。

 犬との生活をより良くしたいと願っている方々に質の良い情報を提供できるよう、お話しさせていただく内容をわくわく準備しています。
 みなさんにお会いできることを楽しみにしています。ぜひご参加ください。

田畑真紀

お久しぶりです

久々の更新です。ようやく新しいpcを迎えました。
慣れるのに少々かかりそうですが、今後もよろしくお願いいたします。



今年ラストのデューセミナー開催のおしらせ

田畑が共同代表を務めるアニマルリレーションシップduexの
今年ラストのセミナーが、
11月10日、11日に専門学校福岡ビジョナリ―アーツにて
開催されますのでお知らせいたします。

講師は石綿美香先生。
難しい内容でもわかりやすくそして楽しくお話ししてくださる
先生です。

語学が堪能でいらっしゃるので、日本にいるとなかなか触れることの
できない海外からの新しい情報を毎回提供してくださいます。

今回も犬同伴のワークショップ形式と座学のクラスをご用意しています。

今回もお役立ち情報満載です。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://animal-relationship-deux.amebaownd.com/posts/4963517

セミナーに関する問合せはデューへお願いいたします。

 

10月のスケジュール

10月のスケジュールをお知らせします

体験レッスンスケジュールはこちらをご覧ください。
http://goodog-fukuoka.com/2018/09/24/21/59/

【講演会情報】~動物のいのちと、どう向き合うか ~

毎年参加させていただいている山崎恵子先生の講演会が
今年も11/23に開催されるとのことです。
講演会情報をシェアいたします。

お問い合わせがある場合は主催者サイドにお願いします。
問合せ先:yitorilla@nifty.com

山崎先生のお話は動物の置かれている現状を知る良い機会になるのと同時に
私たちができることを考えるきっかけともなります。
よりよい動物との共生を実現するためにひとりでも多くの方に「知る」ことから
はじめていただきたいと思います。
11/23は、お知り合いも誘って山崎先生のお話を聞きにいきませんか。
私は今年も参加します。

Facebookイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/1956628904396676/


人と動物の関係を読み解く第一人者
山崎 恵子先生 講演会
~動物のいのちと、どう向き合うか ~

毎回、核心を突く動物問題を提起してくださる山崎恵子先生の講演会が今年も福岡で開
催されます。

午前の部では、先生が以前ご出演されたTV番組では語りきれなかった「犬猫の殺処分問
題」の裏側を、現実に即した、また動物福祉の観点からたっぷりと語っていただきます
。日本各地のシェルターの事例をひもときながら、私たちはどうしたら殺処分数の減少
に結び付けられるのか、そのヒントを探ります。

午後の部では、人間社会で暮らす動物の最期にどう向き合うのかを考えます。開業獣医
師からのお話も交え、家族として看取られるペット、食用となる動物、動物園動物など
、私たちが人間社会に引き入れてしまった動物たちへの果たすべき責任とはなんでしょ
うか。

一般の飼い主さんは勿論、犬猫の殺処分問題やシェルター運営にご関心をお持ちの方、
行政の方、動物と関わるお仕事に就かれている方には必聴のお話です。

恐れ入りますが、準備の都合上、メールフォームもしくはFAXで申込みを承り、受講料
は事前振り込みとさせていただきます。

講師 山崎 恵子(やまざきけいこ)先生
*一般社団法人アニマル・リテラシー総研 代表理事
*ペット研究会互主宰
*環境省 中央環境審議会動物愛護部会審議委員
*農林水産省 獣医事審議会委員
*一般社団日本聴導犬推進協会 副理事長
*特定非営利法人日本補助犬情報センター 副理事長
*米国 Pet Partners協会(旧称デルタ協会)元公認インストラクター
*一般社団優良家庭犬普及協会 常任理事

【日時】: 平成30年11月23日(金・祝日)
☆午前の部 10:30~12:30
『どう減らす?犬・猫の殺処分の裏側』
☆午後の部 13:30~16:30
『動物の最期とどう向き合うか』
(13:30~14:00は、清美どうぶつ病院 院長 道岡清美先生のご講演をいただきます)

【会場】: 専門学校 福岡ビジョナリーアーツ
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-16-3
http://www.va-f.ac.jp/
(直接、会場へのお問い合せはご遠慮ください)

【定員】: 50名
【受講料】: 終日受講 5000円
午前or午後の半日受講 3000円

【お支払い方法】
受講料は事前振り込み制となっております。お申込みの方に振込先をお知らせいたしま
す。振込案内後、1週間以内のお振込みをお願い申し上げます。

【キャンセルポリシー】
*キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いいたします。
*11月15日(木)までは振込料を差し引いた全額をご返金いたします。
*11月16日(金)以降のキャンセルにつきましては、その時点でお振込みが完了していな
くとも、キャンセル料(16日(金)~20日(火)は受講料の50%)が発生いたします。
*11月21日(水)以降のキャンセル、また、ご連絡のないご欠席の場合につきましては、
受講料全額をお支払いただきます。

※主催者側の都合または判断により、やむを得ず開催を中止した場合は、全額ご返金い
たします。

【申込先】: 山崎恵子先生講演会実行委員会 事務局 松島
メール : お申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bcb87ebd531406
FAX : 092-942-6674 (お名前とFAX番号、受講講座名、連絡の取れるお電話番号の明
をお願いいたします)

前日の22日夜には山崎先生を囲んでクローズドの「ヒミツの勉強会」も開催されます。
詳細をご希望の方は申込フォームにチェックをお願いいたします。折り返し、ご案内を
差し上げます。

皆さま方のご参加を心よりお待ちいたしております。どうぞよろしくお願い申し上げま
す。

【主催】: 山崎恵子先生講演会実行委員会 (野村抄子 / 松島美穂)
【問合せ先】:yitorilla@nifty.com

【10月】体験レッスンスケジュール

体験訪問レッスン開催日時

[対象]はじめての方

10月 7日(日) 10:00~、13:00~

10月12日(金) 16:00~

10月21日(日) 14:00~16:30~

10月24日(水) 15:00~、17:00~

10月27日(土) 10:00~

【各1時間】

上記以外のご希望も受け付けていますのでお気軽にお問合せください。

詳しくはこちらをご覧ください

「犬猫との付き合い方講座」でお話しさせていただきました

昨日、宗像総合庁舎にて「犬猫との付き合い方講座(夏)」が開催されました。

今年度4回開催予定で、前回の1回目の春のテーマは「排泄」でした。
毎回テーマに沿った内容で動物推進員である獣医師とドッグトレーナーがお話ししてます。
ドッグトレーナーとして前回私はペットシーツで排泄をすることを教える方法をお話しさせていただきました。

今回の夏のテーマは、「お手入れ&ケア」について。
獣医の先生は今回はお忙しくていらしていませんでしたが、保健福祉環境事務所職員の永田獣医師がその先生からの伝言をお伝えくださいました。
内容は、病院に連れていくときにの犬猫の管理の仕方やエリザベスカラーの装着方法など。
犬猫も周りの人もより安全に管理をする方法のお話しでした。

永田先生からは、保健福祉環境事務所 保健衛生課 生活衛生係としてのお話もありました。
わかりやすくいろんな情報をお話しくださいました。
なかでも衝撃をうけた内容をここで紹介させていただきます。

福岡県内で1年間に迷い犬が2,500頭もいて、
そのうち1,000頭しかお家に帰れていないのだそうです。

お家に帰れない犬たちの拘留期間は1週間。
飼い主さんが現れなかった犬たちは殺処分されています。

年間に福岡県内で1,500頭もの犬が
迷子という理由だけで殺されているのです。

鑑札と狂犬病済み票が付いていれば、必ずお家に戻れているそうですが
それをつけてもらっていないためにまだ十分に生きられるのに
その命を突然強制終了させられるのです。犬に落ち度は全くありません。

飼い主が気づかないうちに犬がお家から外に出てしまうケースも
少なくないようです。

きちんと管理するのは言うまでもないですが
在宅中も首輪をして鑑札と済み票は必ずつけておきましょう。

それと首輪がとれてしまうケースも考えられるので、
マイクロチップを入れておくことも我が家の犬猫を万が一のことから
守ることにつながります。
まだの方はできるだけはやくかかりつけの獣医さんに相談してください。

 

今回、私は2時間ほどお時間をいただき、犬猫がお手入れ嫌いにならないための
トレーニングについてお話しさせていただきました。
イメージをつかんでいただきたかったので動画も織り交ぜました。

お手入れは、犬猫を清潔&健康に保つだけでなくコミュニケーションの一環としても
大事な時間です。

昨日ご参加くださった方はご理解いただけたと思いますが、
本当にジミ~でジミチなトレーニングです。
それでもやり続けることで、日常的にやらなければならない「お手入れ」が
お互いの協力の上で成り立つので、素敵な時間になっていくのは間違いありません。

そういった積み重ねが、いざ具合の悪いときにでも安心して
ケアを受け入れてくれることにつながるのでジミ~でジミチだけど、
続けていってください。

 

今回の講座は当初伺っていたよりもたくさんの方にご参加いただきました。
ご愛猫&ご愛犬のためにお勉強しようとお時間を割いてくださった方が
多くいらっしゃったことに感動いたしました。

こういった輪が広がっていくと嬉しいです。

 

次回、秋のテーマは「遊び」です。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/inunekoaki.html

 

 

【8月末~9月】体験レッスンスケジュール

体験訪問レッスン開催日時

[対象]はじめての方

8月30日(木) 13:00~、15:00~

9月 6日(木) 16:00~

9月14日(金) 16:00~

9月19日(水) 13:00~、15:00~

9月23日(日) 15:00~、17:00~

9月29日(土) 10:00~

【各1時間】

上記以外のご希望も受け付けていますのでお気軽にお問合せください。

 

詳しくはこちらをご覧ください

甘噛みが痛い!

「甘噛みが痛い!」というご相談は多いです。
多い月齢は、生後半年前後の若いわんこさん。

 

「歯の生え変わりで痒いらしいからしょうがない」
とおっしゃる方もいらっしゃいますが、だからと言って
手を噛ませることないです。
(それに、本当に痒いのかなあ・・・・。)

 

もし、
「楽しそうだから遊ばせておこう」とか、
「甘噛みだからいいかなあ」と思われて
そのまま手をカミカミさせてしまうとわんこさんの
癖になってしまうかもしれません。
(癖になっても構わないという方もいらっしゃるかもですね。)

 

癖になってからやめようとしても
双方大変かもしれないので、
手のカミカミあそびははじめからさせないことをおすすめします。

 

他の方法は色々考えられますが、
手で遊ぶ代わりにおもちゃを手にもって
それで遊ぶのもひとつの方法かと思います。

 

 

それまで手で遊んでいた子におもちゃで遊ぶことを促しても
おもちゃでなくやっぱり手を噛むということもあります。
そんな場合は、大きなおもちゃにするとか長めのおもちゃにするとか
おもちゃに紐をつけてそれを紐の部分を持って動かすなどで
手を噛まれる確率を減らすことはできます。
そして、それと並行してトレーニングを行います。

 

うちの抹茶と室内で長いおもちゃを使って遊んでいるビデオです。
https://youtu.be/3WKBQvYq4EE


遊びたいという想いが強いところに簡単なルールを加えることで
そのルールを気を付けて守ってくれるようになります。

抹茶は私の手に歯が当たらないようにとても気を付けてくれます。
若いときは抹茶も手に歯を当たってしまったり
遊びに夢中になるあまり思わず手をカプッとしてしまうこともありました。

そのたびに楽しい引っ張りっこ遊びは一時中断しました。
痛くて引き続き遊べないから「たんま!」という感じ。

抹茶のことを怒ったりイライラしたりせずにただ痛がるだけです。
目線は歯が当たったところのみを見ます。抹茶を目の中に入れません。
それどころではない感じで演技します。
しばらくしたら何事もなかったように遊びを再開させるのです。

そのうち小さいおもちゃで遊んでも歯を手に当てないように
気を付けてくれるようになりました。

ルールを守っている間は楽しいことが続くのです。
ルールは楽しさを自分で勝ち取るためのツールになるのです。

今ではただおもちゃを噛んで引っ張るだけではなく、
ビデオのように「バック」や「よーいドン!」や「ぺ」など
ルールをたくさんいれて複雑になっていますが
今の抹茶にはこれくらいの方が手ごたえがあって楽しいのです。

多少のスリルは楽しさに必要なんだと思います。
フライングした後のお顔が物語っているように感じます。

 

守れば楽しいことが待ってるというルールならば
わんこさんに喜んで守ってもらいやすくなりますよ。

楽しく覚えたことなら他で使う時も使いやすいツールになりますしね。

 

現在、募集中の体験訪問レッスンは
8月30日(木) 13:00~
の1枠となっています。

詳しくは、http://goodog-fukuoka.com/triallesson/
ご覧ください。

9月以降の募集はあと数日で告知しますので、
お待ちください。

 

暑さには気を付けて、心静かにお盆をお過ごしください。