トレーニングで犬はおとなしくなるのか

トレーニングをすると犬が大人しくなるだろうと
期待されている声が聞こえてくることがあります。

結論からいうとトレーニングしたからといって
犬が大人しくなることはありません。

ガッカリされた方もいらっしゃると思いますが、
もう少しお付き合いくださると光が見えてくるはずです。

なぜトレーニングをするのかというと、ふたつの大きな理由があります。

大きな理由ひとつ目は、
犬の行動を人間にとって都合の良いものに変更してもらう
ことができる。

言葉にすると何だか人でなし感が拭えない表現になりますね

ふたつ目は、
犬がどうすれば良いのかがわかりやすくなる。

訳の分からない状況で犬を不安にさせてしまうことが
少なくなるというのは、動物福祉を考える上でも
大切なことだと思います。

例えば、リードの脱着時に暴れてしまう犬に
暴れないでいてもらいたい場合、
暴れる替わりに座って待つことをしてもらえれば、
お互いが楽にリードの脱着ができるようになります。

それを順序よくトレーニングします。

よくやってしまいがちな誤ったやり方は、
暴れることが悪いことであると犬に分かってもらいたい
という思いから犬が暴れると罰するために叱ったり
犬が嫌がることをしようと試みる方法です。

犬に善悪の概念はないですし、罰したところで、
どうしたらいいのかを教えることはできません。

それどころか犬をますます不安にさせ、
行動が好ましくない方向に
どんどんエスカレートしていくことが予想されます。

また、犬の行動にイライラして自分の感情を
犬にぶつけてしまうということも
よく起こりがちなパターンです。

気持ちはわからなくもないのですが、
これをやっても何の解決にもなりません。

犬の行動が好ましくない方向にエスカレートするのもちろん、
犬との関係がどんどん悪くなっていく可能性が
十分にあるというのは、ご察しの通りです。

最後にトレーニングをするその他の理由に
知っておいて欲しいことがあるので
大事なところを少し書き出します。

・犬のできることが増える
・犬にトレーニング自体を楽しんでもらえる
・飼い主の印象が良くなり好ましい関係を構築できる

トレーニングしても大人しい犬になるわけではないですが、
トレーニングをしたことを日常生活の中で使っていくことで
生活がより快適になり犬との暮らしを
より楽しめるようになります。
それは犬にとっても同じことが言えます。

犬とトレーニングするのはいいことずくめなのです。

愛犬との生活をより質の良いものにしたい、
また、愛犬により質の良い生活を提供したい方は
ご愛犬とトレーニングをぜひ始めてください。
今よりももっと楽しい生活になりますよ。